Img_7d796591466f1bd7141eb993ce31dc86


5月も今日で終わりです。


あっという間に過ぎてゆく日々をどんな風に過ごしていこうかと

いろんなことに追われながら

いろんな事を考えながら

いろんな事に感動しながら進んでいます。









この5月~6月はとっても過ごしやすい気候なのでしょうね

茶凡はたくさんのご予約をいただいております。

6月はほぼ満席です。


茶凡にお越しくださった皆様のご紹介がほとんどです。

本当に心から感謝申し上げます。


また毎回お越しくださるお客さま。常連さま。

茶凡を。私を育ててくださっています。本当にありがとうございます。













私はいつも心に秘めていることがあります。

心の奥にひっそりと忍ばせています。


言霊という言葉があるけれど

口に出してしまったら

あっさりとはかなく消えてしまいそうなので

いつも潜めています。


夢や希望を持つのは

いくつになってもいいものです。


若いから青春でなく

年を重ねるごとにもっと夢や希望をもって生きてゆきたいものですね。


年を重ねたぶんの

経験と知恵と感性を生かしてゆきます。


10年後の自分。


20年後の自分を思い描きながら


ちっぽけでも ささやかでも


大きな心で胸弾ませます。














梅雨入りも間近

梅雨から夏にかけてお野菜の種類も減っていきます

毎年の事だけど

この夏も「私が食べたいお料理」で乗り越えてゆきます。







みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。









茶凡

ちほ




























Img_be270835aa0304a1a77cab9bd2355779
Img_3b9b4ee2bdd894a8516f025357af9c3d


たけてん。

3日間。たくさんの方々にお越しいただきました。

本当にありがとうございました。

大分からはるばる出展くださった(泊まり込みで)職人のみなさまにも

深く感謝いたします。


茶凡にできること。

茶凡が伝えたいコト。

は小さなことです。


でも少しでもこの想いがみなさまへ届けば本当に幸せです。


私はいつも考えます。

死に向かう時間の過ごし方を。

目先の利益ではなく

「今」の心の在り方を求め続けている感じです。


心を満たす手段は何なのか。

エゴでもなく 自己愛でもなく。

自分と家族とかかわり合う人間が

魂から共感することが自分の本当の幸せだってことを。



愛にあふれる自分になることが私の夢です。

そして

そのあふれた愛を家族に仲間に

出会ったひとに注げる自分になること。


死を迎える瞬間まで

きっとそれは私の課題となるのでしょうね。

いや

その課題をクリアした瞬間に死を迎えるのかも?ですね。



一度っきりの人生を。

苦を。楽を。とことん楽しみます^^











今日。髪をバッサリ切りました。短い髪です。


一番好きな自分になれそうです。


誰の人生でもなく


私の人生。


なりたい自分も自分が決めるってことです。












みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。






茶凡

ちほ























Img_a6ab7328c1441d8babdc542373cb5bbd
Img_3d8d0ad1bad81d29cff806c637f45741
Img_2a5a5ce6a4db6980d48beb7b4d0bf951
Img_cf83d84d9a66d7738644b2b2e99851b7


ゴールデンウイークも終わってしまいましたね。

今年も1日しか家族と一緒に過ごせなかったけど

帰宅してから自宅で家族団らん。

楽しいひと時も過ごせましたよ。


これからもゴールデンウイークは

こどもの日だけは必ずお休みしたいと思います。









早いものです。

茶凡はオープンする前から企画してた(私の妄想)事がはじまります。

「たけてん」です。


私が愛してやまないのはなぜなのでしょうか。

竹籠や竹のざる。竹の灯り。竹の箸。煤竹の黒文字など

当たり前のようにそばにあって

その当たり前の存在に癒され心豊かに暮らせています。

そばにあるモノは竹製品や木の製品、土の製品、石の製品といった

私たちの暮らしのすぐそばに

足元にあるモノたちばかりです。

そのモノたちは 時折、現代に生きる私たちに大切な事を教えてくれるのです。

足りないことを。

忘れてはいけないことを。





先人の知恵と技を受け継ぎ

なお洗練され とっても素晴らしい作品に出会えることに

心から感謝しています。



みなさま是非いらして下さい。

私も生きている時間をこの竹の作品とともに

過ごしていきます。

そして自分もその出会ったモノを育ててゆきます。












「たけてん」

2017.5月12日(金)・13日(土)・14日(日)

10:00-16:00


会場:茶凡 sabon
   
   福岡県みやま市瀬高町大草1773-2

090-8833-7627


・竹でつくられる暮らしの道具展

・ワークショップ(要予約)※花咲マグネット(¥800)は随時参加できます。

・cafe茶凡(会期3日間限定)珈琲・drink・お菓子・スイーツなどなどご用意しております。
 ※お食事はありません。


みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
ふらっとお立ち寄りくださいませ^^





茶凡

ちほ












Img_a6b235adfef8be3f3bebc0f1362e3e1b
Img_804ef92e9a1f2093768aaf22df719e6d
Img_c1fc46e6af8f2505fd7c31447077335c
Img_9529ad4b940c4e6212b963d5feafc65b
Img_71841c49dc13772ce982509969585763
Img_d0b9e14438ffd2f4822d49fbc5d4a8b1





とっても気持ちの良い季節です。

一番大好きな季節。

目に映る新緑と色とりどりの花。

心地よいそよ風と 

その風が運んでくる何ともいないいい香り。


この瞬間に「生きててよかった」って必ず思います。

そしてすべての事に感謝できます。



自分が人間であること。

自分が日本人であること。

自分が女性であること。

自分が母親であること。

自分が自分らしく生きているってことに。










あっという間に1日が過ぎてゆきます。

みなさまのおかげさまで

日々のお料理とおもてなしを楽しんでいます。


お野菜と向き合うことは自分と向き合う事。

できる事を素直にやるのみ。

自分が食べたいものを作っています。

そしてお皿の上に私を飾ります。



自分にしかできない事をいつも考えてます。

自分が一番好きな事をいつも考えています。



涙が出るほど感動すること。

心(魂)が揺さぶられる瞬間を探っています。


お料理だけではない世界を私は進みます。






とにかく10年はしっかり地に足をつけて。


目の前のひとたちに。

目の前の物事に。

精一杯の愛を注ぎます。



安定してきた今の私に忠告することは


「感謝を忘れるな!!」


です。



いい時も悪い時も

いつだって「感謝」します。


そして穏やかに軽やかに日々を過ごします。




もうすぐ「たけてん」。


私の晩年はきっと

たくさんの手仕事の愛しいモノたちに囲まれて

心豊かにゆるりとゆくのでしょうね。



宝物を育ててゆきます。



みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。








茶凡

ちほ












Img_0274c67f909cf5c46eea91d86e3dd519
Img_3f14d855b379cbd2078848021a3616a2





ここ最近のいろいろな出来事に

また学びをいただいています。



当たり前のことが突然当たり前ではなくなるってこと。

散々身に染みてます。



いつだって思う事。


いいことばかりはない。

悪いことばかりでもない。



楽しさと苦しさ。

喜びと悲しみ。

出会いと別れ。


それはいつだって隣合わせ。



幸せそうに見えても

その裏側には乗り越えてきた

数知れずの苦難が隠されているものです。



いつだって「おあいこ」


いつだって「はんぶんこ」


人生に一人勝ちなんてありません。

みんなフェア。なのです。






たくさんの心の傷に

美しさを感じます。



誰にも気づかれずに

ひっそりと咲く花に

美しさを感じます。






そうやって自分を見つめてゆきます。


目の前のヒト、コト、モノに

愛を注ぎます。









もうすぐ「たけてん」


ひっそりと竹を編む姿が目に浮かびます。

5人の作品の裏側には

何かを感じることができるはずです。



華やかな世界よりも

慎ましく生きる世界に私は共感するのです。






みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。







茶凡

ちほ








Img_a4b7ddd609cba8f7bd5f089754650514
Img_9ff162bbc502d649aa9f7709f79543e8
Img_7f745265171a62a48f4265a387059802


新しいコトが始まったり

新しいことにチャレンジしたり

ドキドキとワクワクの4月がはじまりました。








ここ最近は体調がいまいちでした。

でも寝込むまでもなく

自然治癒に任せて

なるようになるさで

用心しながらの日々でした。


いい時ばっかりでは

当たり前のありがたさを忘れてしまいます。

たまには窮地に立たされることも必要。

たまには絶不調も必要なのです。


その危機を抜けた時の

思考の展開がものすごく新鮮だったり

まるで自分じゃない感覚になったり


あぁまたご褒美もらった!って気持ちになります。





何事も正面から向き合い

逃げないで

乗り越える

それができればきっとすべてうまくゆく気がします。


修羅場も必要。

怖がらずに進むこと。


きっとこれからもたくさんあるのだけれど

いつもそのことを覚悟していて

当たり前のことに感謝して

誠実に

素直に

純粋に

偽りなく

ありのままの心でゆきます。


なるようになってくれるはずです。












もうすでに

茶凡第1章が終了しています。

第2章はとんなタイトルなのか。

第3章に進んだ時に当てはまる言葉を楽しみにに進みます。



「茶凡にしかないもの」をずっと考えながらの

春のお料理となりそうです。





みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。






茶凡

ちほ









Img_3c61f38cbf0be698bb0693bb17c7b067
Img_097dc06f57b9ed739306b9f4e2d6606d



もうすぐ春休みです。

いつの間にかに1年が過ぎて

娘はもうすぐ中学2年生。

息子はもうすぐ小学5年生。


あっという間に子供は大人になってしまうのでしょうね。


二度と戻らない時間を大切に

愛を注いでゆきます。










さて。


以前からここ茶凡で開催している

「茶凡 お茶の会」

お茶の教室のご案内です。


日程が決まりましたのでお知らせいたします。



6月9日(金)

6月10日(土)


です。


今回は平日しか時間がないとの声がありましたの

金曜日、土曜日の2日間となりました。

各日とも定員9名となりますので

ご予約はお早めに^^


内容は煎茶の淹れ方レクチャーと実践。

次に

八女伝統のしずく茶(玉露)と茶凡のお菓子を楽しむ時間です。



日本人として

日本女性として

最低限お茶ぐらいは淹れることができないといけませんね。

はっきりと言えます(毎回お客様ににもお話ししていますが)


是非みなさま。

美味しいお茶をおもてなしできる

女性を目指しましょう。


日々の暮らしが少しだけ柔らかになります。


みなさまのご参加お待ちしております。










茶凡

ちほ









「茶凡 お茶の会 -新茶を楽しむー」


6月9日(金)10:00~11:30

6月10日(土) 10:00~11:30

会費:2000円


会場:茶凡

福岡県みやま市瀬高町大草1773-2

申し込み先電話:090-8833-7627(茶凡)

















Img_ad77d309e9b1c93ba1be50e12141117a
Img_bb38d84ffe660c01adf1591cafcc61f6
Img_f4c704b0d788c07ba92f965458b69f75



あっという間に3月も半ば。

3月は「去る」というくらいの時間の進行です。


この調子だとあっという間に

寒い寒いが

暑い暑いになって

また寒い寒いで・・・


こうやって月日は止まることなく進んでゆくのですね。











さて。

春の茶凡はなんだかすっきりしています。


少しずつですが

店内の装飾や物販を減らして行く予定です。

今の茶凡に必要なコト・モノを伝えていきます。


欲張りにならずに

大切なモノ、コト。

伝えたいモノ、コトをシンプルにやっていこうといった感じです。





そこで。

おひとりさま席をご用意しました。


窓辺の竹林が目の前に見える特等席です。

通常2名様からのご予約でしたが

これからは1名様よりお受けいたします。

1名様に関してはお伝えしたい詳細ありますので

お気軽にお問い合わせくださいませ。



また 展示会に関しても。


茶凡で使用しているモノをメインに開催してゆきます。


次回は


「竹」。


5月12日(金)・13日(土)・14日(日)に茶凡にて開催する

竹細工の展示会です。そしてワークショップ。

私が愛してやまない素晴らしい竹の作品たち。

暮らしの道具としても。装飾としても素晴らしい作品が並びます。


私とほぼ同世代の5人の職人の感性。

古めかしい竹細工の観念にはならないでくださいね^^

とってもスタイリッシュ。素敵なデザインです。


伝統守りながらも新しい。

世界に羽ばたく作家が在中します。


是非皆さま お越しくださいませ。



10年後。

20年後。

月日の積み重ねが深みを増し

宝となるものです。

次世代までの受け継ぐことのできる

日本の伝統。竹細工。


本当に楽しみでなりません。







私も10年後。20年後。

深みのある人間になれますようにと進みます。




みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。








茶凡

ちほ











Img_b74dd98fe32a58edaa8f53e2d0dc7fd8
Img_d99506d0c9037482c8df57fca38e2fcd



先週末 3日間の夫の展示会。

無事に終わることができました。

たくさんの方々にお越しいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



10月からこれといった仕事もできなくて

夫の心中はとてもきつかったと思います。

5か月間の空白の時間は夫にとって私たち家族にとっても

いろいろな事に気づき反省し感謝した時間でした。

そしてその5か月間を挽回した夫。

完全復活です。

神様に感謝します。


そしてお越しくださったみなさまへ心から感謝いたします。


本当にありがとうございました。












1週間。お料理と離れました。

そして今日から通常の茶凡です。


お店にいること。お料理すること。おもてなしすること。



大好きな事だけど。

ずーーーっと限り無く続いてしまうと

心も体も疲れちゃいます。

なのでここ最近は自分に正直に素直になって。

たまにはお休みして遊びます。


でもこれもまた長く休むとお店から離れると

また仕事がしたくなる・・・うずうずするのですね。


仕事も遊びも

両方楽しむ。今の私が身も心も満たされているのは

きっとそのせいかも。ですね^^










想い出の海にいったり。

想い出の武雄の大樟に行ったり。



私の中で何かがきちんと終わって

そしてまた新しい何かを始めるそんな日々です。




今の私に必要なものは

ごくわずかとなり。


荷物はとっても軽くって

軽やかに前へ進めています。




真似でなく

私らしい私の世界に

愛を注げる人たちに出会うために進みます。




みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。







茶凡

ちほ









Img_7482a3f1766dc12c3d5eb20d7b07cfb2
Img_76e860fe32041293278981cee73e73bc



3月にはいりましたね。

春はドキドキとワクワクの季節ですね。








今回も茶凡へお越しいただいてるお客さまの

写真を載せていただきました。


みなさまの感性に日々感度しています。

茶凡の姿はみなさまの感性です。


心から感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。










さて。

明日からは展示会の茶凡です。

夫でもある木工作家

馬場勝としによる木工作品の展示販売と

cafe茶凡。


普段は完全予約制のお食事のお店ですが

明日からの3日間は

いつでも

どなたでも

気軽に

お越しいただけます。


昨年の10月の夫のケガで展示会が延期となり

この今となりました。


夫をはじめ

私も。

いろんな事を感じて乗り越えてきたようです。


当たり前のことに感謝することを学びました。

全ては奇跡なのです。



なので

この展示会は当たり前の事でなく奇跡の展示会です。


ぜひみなさま夫の復活の顔を見にでも^^お越しくださいませ。


作品ももちろん。

今回はいつもと違った茶凡を感じてみてください。



みなさまのご来場心よりお待ちしております。




茶凡

ちほ





・・・・・・・・・・・・・・・・





KATSUTOSHI BABA WOOD CRAFT in 茶凡



2017・3.3(金)~ 5(日)

10:00-16:00

会場:茶凡 福岡県みやま市瀬高町大草1773-2

問い合わせ:0908833-7627(茶凡)

※入場無料

茶凡はお食事はありませんが

八女星の煎茶・coffee・甘味・スイーツなどご用意しております。












Img_6139db52038bce311a2905d28b382389